神奈川県にある藤沢市は、太平洋に面しているのが特徴です。東京からも東海道線なら1時間程度で通勤することができるだけでなく、横浜へも30分程度で通勤することが可能になります。そのため、ベッドタウンとしても人気があります。注文住宅を建築する場合は、今の時代に合わせた住宅を建築できるとよいでしょう。今の時代に合った住宅の特徴の一つは、デザインが優れた住宅です。デザイナーズ住宅などが増えていますが、太平洋に近いことからおしゃれな住宅が似合う場所になります。もう一つは、実用性や機能性の高い住宅です。せっかく住宅を建築するのであれば、機能性と実用性がほどよく備わっていた方が住みやすいです。自然が多いことや海が多いことで、機能や設備を充実させる必要もあります。

自然が多いとこに住むなら自然と調和した住宅

藤沢市は横浜などの中心地から少し離れているため静かな環境になります。自然が多いところから、自然の風景にもなじみやすい住宅を建築するべきです。そこで注文住宅を建築する場合は、デザインが優れているデザイン住宅を建築してみてもよいでしょう。もちろん単にデザインが優れた住宅ではなく、自然と調和した住宅が優れています。例えばデザイン住宅でも、幾何学的な形にするのであれば、その中に木々がうまく溶け込んだ住宅にすると周りの風景と一体化します。もし、海の近くであれば、外壁に明るい色を利用するとよいでしょう。海から近い所であれば、海を眺めることができる大きなベランダを作ってみるのもよいかも知れません。また、大きな窓を作り、露天風呂のような開放的なバスにしてみるのも人気です。

機能性や実用性を重視した住宅を建築する

注文住宅を建築する場合は、見た目だけ優れていても実用性などがなければ不便になります。そこで見た目を自然と調和させながら、実用性も考えて藤沢市にあった住宅を建築するべきです。具体的には、海から1キロ以内の距離にある場合は潮風が強くなります。この場合木造住宅だと木材が傷みやすくなるだけでなく、ベランダなどの鉄部に関してはさびやすくなります。そこで、あらかじめさび止めを塗るなどして、劣化を防ぐ必要があるでしょう。また、コンクリート造りにすることで潮風からの劣化を止めることができます。藤沢市全体は、温暖な気候になりますので、遮熱性を重視した住宅を建築してみるとよいでしょう。大きめの窓をとるのであれば、光を室内に入れながら、部屋を涼しくできるような造りにしておく必要があります。